CrossOver Mac 11のサポートアプリケーションにVOCALOID3が追加!

スポンサーリンク


これでMacでもボーカロイドが安定して楽しめますかねえ。とりあえず試してみようと思います。
http://www.netjapan.co.jp/r/product_mac/com_11/
Mac OS X上でWindowsアプリケーションがネイティブに動作
CrossOver Macは、インテルMacでWindowsアプリケーションをネイティブに動作させることができる互換レイヤーソフトです。一般的な仮想化ソフトとは違い、仮想マシン環境の構築、設定、Windows OSのインストール、ドライバーのインストールなどの手間をかけずにWindowsアプリケーションをインストールして実行できます。製品の性質上Windows OSは必要ありませんので、Windowsを購入するためのコストもかかりません。さらに互換レイヤーを使用していますので、オーバーヘッドが少なく動作が軽いのも特長です。 CrossOver Macを使えば、Microsoft Office(Word、Excel、PowerPoint、Outlook)、Internet Explorer、一太郎、IBM ホームページビルダーなどのWindowsソフトがMac上でシームレスに動作します。
CrossOver Macはこんな方にお勧め
Windows 98用のアプリケーションなど、現在では稼働環境のなくなってしまったWindowsソフトを使いたい。
Microsoft Office 2003と2007を同じマシンで使いたい。
MacでWindowsアプリケーションを動かしたいが、Windows OSやPCをわざわざ購入したくはない。
WindowsからMacへ乗り換えたいが、利用できなくなるアプリケーションがあるのでなんとかしたい。
普段はMacを使用しているが、仕事でWindowsアプリケーションのファイルを開く必要がある。でも、仮想環境を入れるほどでもない。
CrossOver Mac 11の新機能
CrossOver Gamesと統合
CrossOver Mac StandardとCrossOver Gamesが統合し、一つのアプリケーションになりました。CrossOver Macだけで、ビジネス系アプリケーションもゲームもお楽しみいただけます。
CrossOver GamesのボトルはCrossOver Mac 11で引き継いでお使いいただけます。
ソフトウェアインストーラーから
アプリケーションリストを
アップデート
CrossOverソフトウェアインストーラーのボタンから、アプリケーションリストをアップデートできるようになりました。 [今すぐアップデート]ボタンをクリックすると、CodeWeaversの大量データベースと直接コンタクトし、サポートアプリケーションとコミュニティ対応アプリケーションの最新リストをダウンロードします。
[常にアップデートする]を選択すると、CrossOverソフトウェアインストーラーを起動する度にリストをチェックして更新します。
オートアップデートの導入
CrossOver メニューの[アップデートを確認…]から、アップデートを検出して自動更新します。環境設定でアップデートを定期的に自動チェックするよう指定することもできます。
サポートアプリケーションの追加
以下のアプリケーションがサポートアプリケーションリストに追加されました。
VOCALOID3
一太郎2012 承
ホームページ・ビルダー16
VOCALOID3 スターターIA ARIA ON THE PLANETES

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加