「VOCALOID」の一部機能を「Unity」向けに開放へ

スポンサーリンク
 ヤマハが開発した歌声合成技術「VOCALOID」の一部機能が「Unity」向けに開放されます。この企画は、ヤマハとユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの合同プロジェクト。機能の一部がUnity向けに開放されることで、開発者は歌声を利用したゲームやコンテンツなどを自由に作れるようになります。

 UnityからVOCALOIDの歌声合成エンジンをシームレスに利用するための統合開発環境「VOCALOID SDK for Unity」の提供は2015年12月を予定。VOCALOID SDK for Unityでは「VOCALOID」のシーケンスデータ(VSQ、VSQX)をもとに、さまざまな表情の歌声を動的に生成することが可能です。
歌声には、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの公式キャラクター「ユニティちゃん」のオリジナルボイスを開発し採用。無償提供されるそうです。なお、既存の「歌声ライブラリ」も追加予定とのこと。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です