R-mixを使ってみた

スポンサーリンク

発売日が何度も変更された末にやっと発売されたRolandのR-mixを使ってみた。
ボカロ用にInstrumentalの作成を主目的に購入したのだけど、完璧にボーカルを消すのは、やはり困難のようだ。
まず音を周波数/定位で視覚化されるのは素晴らしい。また指示された範疇の音をR-mixは「完璧」に消すことはできるようなのだけど、曲ってそんな単純な構造ではないようで、ボーカルを完璧に消すのは難しそう。
それに消す範囲を広げて行くと、その後ろにかぶっている伴奏部分もどんどん消えていってしまうわけで、どこかで割り切りは必要かなと感じた。後からボカロの歌を乗っけるなら、ぼんやりとボーカルが残ってても良しとすべき、という判断が必要になりそう。
それと、矩形もしくは楕円を選択範囲にできるのだけれど、その境界線をまたぐメロディは(やや)不自然に感じるね。当然のことではあるけど。
テンポコントロールは、あまり音程が変わらずにテンポだけ変えてくれますね。
万能なソフトではないですけど、工夫次第で色々遊べそうです。音を視覚化できるっていうのも面白いし。
ROLAND R-MIX Audio Processing Software オーディオコントロール

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加